頬のたるみとほうれい線ができる原因と改善方法

スキンケア
スポンサーリンク

本記事をご覧いただきありがとうございます。

  • 「実年齢よりも若く見られたい」
  • 「いつまでもキレイでいたい」

と思う方も多いかと思います。

そこで本記事では、年齢とともに現れる「頬のたるみ」「ほうれい線」ができる原因と改善方法を紹介したいと思います。

頬のたるみやほうれい線はなぜできるのか

頬のたるみやほうれい線ができる原因は主に以下の原因で生じます。

  • 肌内部のハリ成分の劣化
    →加齢や乾燥、紫外線により肌の弾力成分が低下する
  • 顔の筋肉の劣化
    →加齢や表情の癖などにより筋肉が劣化する
  • 顔面の骨の萎縮
    →加齢により骨密度が低下し骨が小さくなる

頬のたるみやほうれい線を改善するためには表情筋の運動や化粧品による肌ケア、美顔ローラーなどの美容器具による施術など多方面からのケアが必要になります。

上述のように主に肌だけではなく骨や筋肉に関係性があるので、肌の表面に原因があるシミや小ジワなどよりも目にわかる効果を感じにくく、どうしても時間がかかってしまいます。

しかしながら、根気強くケアを継続することによって改善することが可能なため、あきらめずにケアしましょう。

改善法その1:エクササイズで表情筋を鍛える

この方法が最もお金をかけずに簡単に行えるエクササイズになります。

今回紹介するエクササイズでは以下の二つの筋肉を鍛えることができます。

  • 口輪筋
    →口元を囲うように覆う筋肉
  • 大頬骨金
    →口角からこめかみにかけて伸びる筋肉

この二つの筋肉を効率的に鍛えることができるエクササイズを紹介します。

エクササイズ1:舌回しエクササイズ

やり方は簡単です

  1. 舌先に力を入れ、口内で歯茎の外側をなぞるように円状に一周舌を大きく回す。
  2. 逆回転も同様に行う

このエクササイズは舌を大きく回すことで「口輪筋」を鍛え、ほうれい線を改善させることができるエクササイズです。

このエクササイズのポイントは、「時間をかけて回す」ことが重要です。3秒ほど時間をかけながら一周させるとより効

果が得られるでしょう。

時計回り、反時計回りで一日に合計「30回」を目安にすると良いでしょう。

エクササイズ2:割りばしエクササイズ

その名の通り割りばしを使用するエクササイズになります。

  1. 割りばしを口にくわえる
  2. 口角と頬を上げ、「イ」を発音する口にして、30秒~1分間キープする

このエクササイズは割りばしを加え、口角を上げることによって「大頬骨筋」を鍛え、頬のたるみを改善するエクササイズになります。

「頬全体を一緒に引き上げる」ことがポイントになります。

1セット(30秒~1分間)を、3セット行いましょう。

表情筋を鍛えるエクササイズを紹介しました。

費用がかからないことが大きなメリットで、誰でも手軽に始めることができます。

より効果を促進させる方法として

エクササイズ前に保湿をすることを心がけましょう。

肌が乾燥した状態でエクササイズを行うと、かえってシワなどの癖がつきやすくなってしまう危険性があるため、事前に化粧水や乳液でしっかりと保湿をしておきましょう。

改善法その2:レチノール、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使う

たるみの最も大きな原因は、肌の弾力を支えているコラーゲンとエラスチンの低下です。

加齢や睡眠不足、ストレスなどでコラーゲン、エラスチンを生成したり代謝する能力が低下すると、コラーゲンやエラスチンの繊維が真皮に残り、弾力がなくなり重力に逆らわずにそのまま残ってたるみができるのです。

これらを改善する方法として、レチノール、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使用するのがいいでしょう。

肌内部のコラーゲンを増やす作用のあるレチノールやビタミンC誘導体を配合したクリームや美容液などを、ほうれい線を開くようにして塗ります。

注意点として、肌への刺激は強いので、少量ずつ使用するようにしましょう。

改善法その3:美顔器具の使用

頬のたるみの改善法として、美顔器具のしようも効果的です。

美顔器からでる「超音波」や「微弱電流」などが顔の細胞や筋肉に刺激を与え、たるみを深層からケアしてくれます。

効果をしっかり出すためのポイントとして「肌が潤って、血行も良い入浴後」に使用すると効果が発揮されます。

入浴後は肌が温まり柔らかい状態のため、美容成分が浸透しやすく老廃物も流れやすい状態なので、化粧水などと併用して使用するのが良いでしょう。

美顔器には豊富な機能があり、特に頬のたるみに効果的なのは

  • RF(ラジオ波)が使用できる美顔器
    →電磁波で肌内部を温めハリを促進する
  • EMS(低周波)が使用できる美顔器
    →微弱電流で筋肉を鍛え引き締める
  • ローラータイプの美顔器
    →むくみ解消、血行促進でハリの改善

以上の3つのタイプが頬のたるみに効果的なのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は「頬のたるみ」と「ほうれい線」ができる原因と改善方法を紹介しました。

今回紹介した改善法以外にも美容医療での治療エステなどの方法がありますが、本記事では比較的安価で改善できる方法を紹介しました。

美容医療やエステと比較すると根気が必要になりますが、継続することによって「若々しい容姿」になることも可能です。

タイトルとURLをコピーしました