シワができる原因と対策

スキンケア
スポンサーリンク

本記事をご覧いただきありがとうございます。

「シワ」は年齢とともに増えます。これはさけられません。

しかし、この記事をご覧のあなたは、「シワはできるだけ少ないほうが良い」と思っているかと思います。

本記事では、

 

「なぜシワができるのか?」「シワを予防する方法はあるの?」といった気になる疑問について紹介していきたいと思います。

シワはなぜできるのか?

シワができる原因として、大きく次の原因に分けられます。

  • 乾燥
  • 紫外線
  • 女性ホルモンの低下
  • 加齢
  • たばこ

このように主に乾燥、紫外線、加齢による表皮や真皮の変化によって、肌にシワができてしまっているのです。

乾燥

乾燥すると、目じりなどに細かいシワできます。

また、このような小さなシワでも、シワ同士が重なっていくと目立つようになります。

対策として一番重要なことは保湿です。うるおいでハリのある肌をもたらす、日々の保湿ケアが必要不可欠です。

特に気になる箇所には、化粧水を多く含ませたコットンなどを5~10分ほど染み込ませるとより効果的でしょう。

紫外線

紫外線を受けると活性酸素が発生し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸という肌の弾力に関わる成分を作る繊維芽

細胞にダメージを与えます。結果的に、肌の弾力が低下し、深いシワができやすくなってしまいます。

対策として日焼け止め、日傘などが良いでしょう。

注意点は、日中は雨や曇り、例え冬でも紫外線は降り注いでいますのでしっかり対策しましょう。また、車内や建物内でもガラス越しに紫外線は透過するので油断は禁物です。

女性ホルモンの低下

卵巣から分泌されるエストロゲンは、コラーゲンやエラスチンの生成を促進させる効果があります。

加齢や妊娠でエストロゲン分泌が低下すると、コラーゲンが作られにくく、ハリがなくなりシワの生成につながります。

対策として女性ホルモン作用のある大豆イソフラボンを摂取するのがいいでしょう。

大豆イソフラボンの中の大豆イソフラボンアグリコンは、エストロゲンと骨格が似ているため、エストロゲンと同じ働きをすることがわかっています。

きな粉、納豆、味噌汁などの大豆食品に多く含まれています。

加齢による機能の低下

前述に挙げた原因のほとんどは「加齢による機能の低下」から起因しているといっても過言ではありません。

肌の老化に伴い真皮の繊維芽細胞が劣化し、張力・収縮力を保てなくなるとシワを生じます。肌の老化は経年変化と光老

化に分けられ、経年変化については遺伝的素因の影響が少なくありませんが、真皮の線維の変性・減少は主に光老化によ

ることがわかっています。紫外線によって、真皮の線維を切断する各種酵素の活性が亢進する、あるいは過剰な酸化スト

レスを生じるなどのメカニズムで、そのことは説明されています。

したがって、シワの予防には、日焼け止めの使用によって光老化を防ぐこと、特に小児期から不要な日焼けを防ぐことが

重要です。対策としては、やはり保湿ケアと紫外線ケアが最も重要になります。

たばこ

最近判明したこととして、たばこがシワの形成に関与していることがわかりました。

真皮繊維芽細胞を使用した実験にて、細胞にたばこ煙抽出液を添加すると、コラーゲンの生成が抑制されるという実験結

果が出たそうです。

喫煙者の方も過度な喫煙は避けるようにしましょう。

まとめ

今回は

  • なぜシワができるのか?
  • シワを予防する方法はあるのか?

について紹介しました。

シワは主に乾燥、紫外線、加齢によるものが多く、予防するためには、紫外線ケア、保湿、大豆イソフラボンの摂取が効果的です。

また、たばこもシワの形成に関与していることが判明しましたのでシワの予防として禁煙することも重要になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました